孫子のバイナリーオプション

孫子のバイナリーオプション

孫子の兵法(そんしのへいほう)というものをご存知でしょうか?
たとえ、孫子の兵法を良く知らなくても「孫子(そんし)」という名前を聞いたことくらいはあるのではないでしょうか。

孫子とは、紀元前500年頃、中国にいた思想家、孫武(そんぶ)のことです。
孫子の「子」とは「先生」という意味ですので、孫子=孫先生ということですね

孫子が書いた兵法書は、過去だけでなく現代においても非常に実用性が高く、古今東西すべての兵法書においてもっとも有名なものの1つです。
兵法書というのは、分かりやすく言うと「こうすれば戦争に勝てるよ」という理論をまとめたものです。

彼があらわれるまでは、戦いの結果は運によるものが大きいと考えられていました。

・人数の多い方が勝ちやすいよね。でも、必ずしもそうとも限らないだろ。
・どっちも訓練してるんだから、たまたま強い兵が多かった方が勝つんじゃないの?

そんな程度に考えられていましたが、孫子はあらゆる戦い跡を調査して、その原因を追究していきました。

今回の戦いは、こちらの軍がたまたま山側にいたため、斜面の傾斜で勢いがついて勝てたようだ・・・。
しかし、山側にいたほうが勢いがつくのなら、最初から山に陣を敷いていたらどうなるのか?

孫子の兵法は、戦に勝つための方法としてまとめられた書物、つまり兵法書ですが、ものごとや人心の動きにいたるまで実に細部に渡ってよく考えられて書かれているため、現代の仕事や人間関係、あらゆる目的のために使えるとされているものです。

そこで、孫子の兵法をバイナリーオプションに活かしたらどうなるか?
題して、孫子のバイナリーオプション、連載を開始します。

なお、孫子の兵法を知るために以下の書籍を参考文献とさせて頂きました。

孫子の兵法を1つ紹介して、現代ではどのように応用出来るかをまとめています。
「マンガで分かる」とありますが、基本的には文字で書かれた書籍で、個々の記述に対して絵での説明も入っているといった感じです。
日常の仕事で「上司が横暴すぎる!」「部下にやる気がない!」と人間関係に不満をお持ちの方は多いかと思います。
そういう方には是非、一読をお薦めします。
どんなに自分勝手に思えても、上司には上司の、部下には部下の気持ちや考えというものがあります。
単に「あいつが悪い!」と思うのは簡単ですが、それだけでは何も変化しません。
変化させたいのであれば、どうすれば良い方向に変更してくれるのかを考えなければなりません。
孫子の兵法を理解すれば、かなり部分でその改善が可能だと思われます。

果たして、2,500年もの間、実用的な書物として読まれている書籍というのはどの程度あるのでしょうか。
しかも孫子の兵法書は、実用的という表現を越えて、極めて実用的と表現したいほどのものです。

上に紹介した文献を読んで、目からウロコ!と感じることが何一つなかったのなら、あなたはもともと完璧に近いほど完成された人間かも知れません。
あるいは、そもそも書籍に抵抗感があり受け入れられない、など最初から否定的に捉えているのではないかと思います。

次回から、孫子の兵法を1つ紹介しては、それがバイナリーオプションにどのように活かせそうか、という流れで連載していきたいと思います。
バイナリーオプヂョンでいまいち利益を出し切れない、うまくいっていてもどこかで大きく失敗する、理由の分からない不調なリズムが発生する。
そういった悩みの解決の糸口になることを期待しています。

ではでは、孫子のバイナリーオプション、お楽しみに!