孫子のバイナリーオプション

孫子のバイナリーオプション

さて、第2回目となりました孫子のバイナリーオプション。
今日の兵法はこれです。

孫子いわく、

告ぐるに言をもってするなかれ。
(つぐるにげんをもってするなかれ)

部下に指示をするときは、余計なことを色々と付け加えずに必要事項だけを伝えろ、といっています。
例えば、子供にお使いを頼んだと考えてみましょう。

スーパーでしょうゆとみりんを買ってきてね。危ないから車に気をつけていくんだよ。知らない人に声をかけられても付いていっちゃいけないよ。しょうゆは小さいのがいいけど、なかったら中くらいの、それもなかったら大きいのでも良いよ。みりんはみりん風っていうやつじゃなくて本当のみりんのやつね。1,000円持っていけば足りるはずだから、おつりはちゃんと財布に入れて落とさないように持って帰るんだよ。おつりでお菓子を1つだけ100円まで買ってきていいよ。

さてさて、これでどこまで頭に入るでしょうか。
むしろ、当初の目的が何であったかすらよく分からなくなってしまいそうですね。
目的だけを伝えるとどうなるでしょうか。

スーパーでしょうゆとみりんを買ってきてね。

これだけなら、まず本題を間違えるはずはありません。

上の例では子供が相手でしたので、色々心配になってしまっても仕方ない部分もあるかも知れません。
ですが、大人相手に何かを指示するのであれば、重要な事柄だけを伝えてあとはすべて本人の裁量に任せてしまえば良いのです。
任せてしまうことによって、失敗することもあるかも知れません。
しかし、実際に失敗してみる方が事前に諭されるより学ぶものが大きいのです。
取り返しのつく程度の失敗なら、ある程度、失敗する権利を与えても良いのではないでしょうか?

さて、この教訓をトレードに活かせるでしょうか?
重要な事項だけに絞った方が、最大の目的をしっかり意識出来る。
という意味であれば、活かせそうです。

修行中のトレーダーは、「あれも重要だ、これも重要だ」となってしまいがちです。
確かにひとつひとつが重要なのでしょう。
しかし、あまりに多くの課題を抱えてしまっては、そのひとつひとつへの意識は弱くなってしまいがちです。
課題は1点、または数点に絞り、他のことは一旦は二の次でしてしまうのもひとつの手段でしょう。

ただし、このことによって損失が発生しても私は責任を負えません。
ここまでの記述を踏まえるなら、損失が発生した場合、そこからこそ学ぶことが大きいはずなのですが、そこから何を学べるかは貴方次第ですね!
さて、上手に責任回避することが出来ました(笑)、と言いたいところですが、トレードはいつでも自己責任ですよ!
先にも書いたように、失敗が許されるのは、取り返しのつく場合に限るということは覚えておいて下さいね。

さて、近頃の海外バイナリーオプション企業を見てみると、企業によって実に色々な取引、サービス、機能が提供されています。
大変、魅力的なものも多いと感じます。
ですが、色々な機能があるとついつい目移りしてしまいます。
初心者の方の場合、ここでもしばらくの間はスタンダードな取引に集中してみた方が、バイナリーオプションの勉強なるかも知れません。
多くの機能があるということは、多くの課題があるということに変化してしまう可能性があるからです。
まずは、基本のバイナリーオプションに集中して、どういう部分が良くて、どういう部分が不満かを実感するべきかと思います。

基本的な機能に限定されつつも、全体的に優良なサービスを提供している企業としては、SonicOption(ソニックオプション)を薦めたいと思います。
ソニックオプションは、ボーナストラブルがないこと、各通貨ペアでペイアウト率が固定であること、そのペイアウト率が高めに設定されていること、ネッテラー利用可能で安心・便利なこと、と初心者の人が始めるのに好条件が揃っています。

これから始める方、もしくは一度、初心に戻ってしっかり勉強しなおそう!という方は検討してみてはいかがでしょうか。
もちろん、熟練トレーダーの方にも好評です。

SonicOptionバイナリーオプション業界に革命!固定180%ペイアウト新取引をお楽しみください