孫子のバイナリーオプション

孫子のバイナリーオプション

孫子のバイナリーオプション、第4回目です。
今日の兵法はこれ!

孫子いわく、

それ地形は兵の助けなり。

今回も分かりやすい言葉ですね。
昔の戦いでは、例えば、敵が平地に軍を配置しているときに、自分の軍が丘にあれば、いざ戦いとなったとき、斜面の勢いを利用して自軍の方が有利に働きそうです。
あるいは、相手が沼地にあって自軍が安定した土の上にいれば、もっと明白な差となることでしょう。

現代でも地形の利というものはあります。
取引先が都心にあり、営業に周る必要があるような業種なら、やはり自社が都心にある方が迅速な対応が可能となるでしょう。
あるいは、オフィスの机の配置、コピー機の位置などが効率的に考えられていれば、より仕事の成果を出しやすくなるでしょう。
レストランなど、スピード感の求められる職場では、なおさらレイアウトの効果は大きくなりそうです。

 さて、では、「それ地形は兵の助けなり」をバイナリーオプションに活かすことは出来るでしょうか?

・・・・・・。
悩んでしまいそうですね。(笑)
そもそも、バイナリーオプションはネット越しにトレードをしているわけで、別にそれが都心からの取引であろうと郊外からの取引であろうと差はないはずです。
でも、例えば、静かな喫茶店からモバイルでトレードしているのか、賑やかな居酒屋からトレードしているのか、といったことは少し影響がありそうです。
トレードは、なんらかの根拠があって取引すると思いますが、その根拠はしっかり確認しやすい落ち着いた環境で取引するのが望ましいでしょう。
電車の中からスマホで取引するのもチャンスを逃さないというメリットがありますが、その場合、頭の中に自分のエントリールールがしっかり確立されている必要があります。
おそらく、曖昧なエントリールールしか準備していないと、そういった落ちつかない場所からのトレードは無意識のうちにいい加減さが加わってしまうはずです。

あるいは、自宅からトレードしているのであれば、自宅の部屋の配置などを効率的に考えると良いでしょう。
椅子の座り心地は良いか、TVを付けっぱなしにしていないか、照明は目に疲れを与えにくくなっているか、など色々な要素がありそうですね。

トレード自体は、もう世界中のどこから行っても同じものなので地形も何もあったものではありません。
ですが、丘の上から平地を攻撃するような有利な条件というのは、バイナリーオプションでもあるかも知れません。

一番分かりやすい例は、やはりペイアウト率でしょうか。
ペイアウト率が1.6倍という条件でトレードするのと、2.0倍という条件でトレードするのとでは、沼地で戦うか丘の上で戦うかくらいの差がありそうですね。

ペイアウト率が2.0倍の企業としては、ハイローオーストラリア(HighlowAustralia)と、TRADE200(トレード200)がよく知られています。
どちらも、ペイアウト率が2.0倍の代わりにレンジ(スプレッド)があるもの(購入時の価格から一定の価格幅を超えて予測が的中すればペイアウトになるというもの)ですが、そのレンジはかなり小さく設定されています。
通貨ペアや取引種類によって異なるので一概には言えませんが、0.4銭とか0.2銭とか、その程度だったりします。
ペイアウト率2.0倍というメリットを考えるなら、このレンジはもう無視しても良いような気さえしてきます。

ハイローオーストラリア(HighlowAustralia)より、TRADE200(トレード200)の方がレンジ幅は狭く設定されているようですが(言い切れませんが、おおよそ半分くらいのことが多いようです)、その代わりTRADE200(トレード200)でペイアウト率2.0倍のトレードが出来るのは1分、2分などの短時間トレードのみです。
ですので、短時間トレードを主に行うならTRADE200(トレード200)、15分などのトレードでもペイアウト率2.0倍で行いたいなら、ハイローオーストラリア(HighlowAustralia)、というのも一つの選択基準となるかと思います。

どちらもネッテラーが利用可能なので、安心・便利な企業で個人的にはかなりオススメしています。

1000円から取引できるバイナリーオプションHIGHかLOWかを予想する取引NETELLER 導入で入出金がより便利に。キャッシュバックキャンペーン実施中!

TRADE200トレード200バナー