バイナリーオプション大好き!であり、なおかつ、高校野球大好き!なトレーダーの方も多いかと思います。

2015年の夏は、仙台育英によって東北勢初の優勝が成し遂げられるか!という点でも注目されましたが、最後は優勝候補筆頭と言われていた東海大相模が見事に全国制覇を果たしました。

左のエース小笠原慎之介、右のエース吉田凌の2枚看板、さらに野手でも豊田寛、杉崎成輝をはじめ、抜群の選手が揃っていましたので、この優勝には納得です。
実力ナンバーワンと言われている中で、実際に優勝するというのは本当にすごいことです。

しかし、敗れたとはいえ、仙台育英各選手の活躍にも目を見張るものがありました。

連投を重ねてきた不利な条件での佐藤世那の気合溢れるピッチング、ショートの平沢大河をはじめ、各選手、一歩も引けを取らないゲームを行いました。
東北勢初の優勝は持ち越しとなりましたが、全国から感動の声が集まりました。

ベスト4には、最注目選手・清宮幸太郎を擁する早稲田実業、オコエ瑠偉選手を擁する関東第一、ベスト8以降の各校も非常に優秀な選手が多く強豪が揃っていました。

さて、この高校野球を終始見ていると、ひとつ気づくことがあります。

それは、強いチームは、試合をリードしている時間が長い、ということです。

最終的に勝ってるんだから当たり前だろ?
と思ったでしょうか?

確かにそうでもあるのですが、例えばベスト4の関東第一を見てみますと、地方大会から甲子園のベスト8に来るまでの間、全試合、一度もリードを許していなかったのです。
甲子園の準々決勝で初めて1点のリードを許しますが、その直後の攻撃で追いついて、この試合でも勝っています。

常にリードしていることによって、気持ちにゆとりが生まれるのですね。
リードしている側は、攻撃も守備も積極的になってより良いプレイが出来るようになる。
逆にビハインドのある側は、攻撃も守備も堅くなって、よりミスをおかしがちになる。

野球好きならこのあたりは良く分かるかと思いますが、一発勝負の高校野球では特にこの点が顕著です。

常に「今日負けたら終わり!」というゲームなのに、3点リードしているときと3点負けてるときとで同じプレイが出来るでしょうか?

どのように強い精神を持っていても、なかなかに難しいことではないかと思います。

全国制覇した東海大相模は特にこの点を有効に使っていたように思います。

東海大相模もリードを許したのは、地方大会7試合で1度、甲子園5試合で1度の計2度だけです。

甲子園5試合に関しては、5試合のうち4試合が初回に得点しています。
さらに4試合のうち3試合は、初回に4得点しています。

初回で4対0となってしまったら、相手チームはいつもどおりのプレイが出来るでしょうか。
さらに東海大相模には2枚看板のエースがいるのです。

4対0となってしまった時点で、かなり無理のある作戦を強いられることになりそうです。

つまり、いつでも精神状態を有利に保ってゲームを進める。
このことによって、より自分達の力を発揮することが可能であり、さらに相手に実力を十分に発揮させないことが出来る。

と、こういうことなのですね。

さて、バイナリーオプションです。(笑)

バイナリーオプションでも近いことが言えると思います。

毎日、大抵、バランス良く少しずつ勝ててるのに、ある日、1日、大きく負けを積み重ねてしまう。

そんな経験はないでしょうか?

FXやバイナリーオプションをやっていると誰しも、負けたときに負けを取り戻そうと焦って余計に負けてしまうという経験を多かれ少なかれしているかと思います。

為替でも常に精神的に優位に立つことが、損失を小さくすること、さらに利益を伸ばすことに繋がるのです。

そのために出来ることは何でしょうか?

その日、初めての取引、2回目の取引、3回目の取引、とにかく序盤の方は集中して慎重に出来るだけミスをしないように取引する。

これがうまくいけば、かなりリズムに乗れそうです。

それから、ある一定額負けた日はもうエントリーをやめる。
これもかなり有効かと思います。

意外と、こんなことが勝ちのリズムを作るものかも知れません。

あとはそもそも優良企業を選択するというのもあると思います。

企業のスペックやサービスの差はそれほど大きいだろうか?

と思うかも知れませんが、一見少しに見える差が大きな差になることは度々あります。

ソニックオプション

ソニックオプション

初回の1失点が、大量失点に繋がることもあり、2アウトからの1安打が大量得点に繋がることも良くあるのです。
小さくみえるかも知れない差にしがみついてこそ、勝利が見えてくるのです。

じゃぁ、具体的にどの企業が良いの?

この質問に対する正確な答えはありません。

個々によってトレードの仕方も性格も資金力も目的も異なるからです。

が、多くの人にお薦め出来るのは、ソニックオプションだと思います。

理由としては、大きくは

・スプレッドなしのハイローとしては、ほぼ最大値のペイアウト率1.8倍であること。

・通貨ペアによって、ペイアウト率が変わらないため、どの通貨でも同じようにチャンスを待てること。

ボーナストラブルゼロ宣言の優良企業であること。

その他にも細かい理由はたくさんありますが、標準以上のスペック、かつバランスの良い優良企業を1つ推薦しろ、と言われればソニックオプションをお薦めします。

その他にもそれぞれ個性のある企業はたくさんありますが、おそらく誰が利用してもある程度のパフォーマンスを発揮出来るのではないかと思います。

先手必勝!、先制点を奪える確率を上げるために出来ることは一通り準備しておきましょう。
勝負に一番大きな影響を与えるのは、準備なのです!

SonicOptionバイナリーオプション業界に革命!固定180%ペイアウト新取引をお楽しみください