皆さん、こんにちは。

近頃、「ががばば」という謎な言葉を聞くようになりました。


「ががばば」についての詳細は現時点でまったく不明ですが、ただひとつ分かっていることは・・・。

「ががばば」というキーワードで決して検索してはいけない・・・ということです。

しかし、検索するなと言われれば検索したくなるのが人間というもの・・・。

早速、ググってみました!(おい)

・・・・・・。

出るわ出るわ、1,060,000件もの検索結果が出ました。

いつの間にか、「ががばば」はトレンドキーワードになっていたようです。


しかし、グーグルの検索結果で表示される画面には特に異変はありません。

ただ、検索結果をよく見てみると、どのページタイトルにも「Yahoo!でががばばと検索してはいけない」と書かれています。

どうやら、「Yahoo!」で検索してはいけないけれども、グーグルなら良いようです。

グーグルの検索結果から1つを選んで表示してみると
「Yahoo!でががばばと検索しろ!って言ったやつ許さんぞ!」
「Yahoo!でががばばと検索するとヤバい・・・。」
などの恨み辛みな書き込みがありました。

どうも先を読んでいくとネタバレになるっぽい気配だったので、先を読むのをやめて、早速Yahoo!から検索してみました。

※この先、ネタバレになります。結果を知りたくない人は続きを読むのをやめて、最近人気のBO企業ジェットオプションのページでもご覧になってみてください。

今のところ、私は人生で呪われたことはなく、出来れば今後もそういう目にはあいたくないと思っているので、
正直、検索するとき1%くらいは「やめた方がいいかな?」と思いました。

でも勇気を振り絞って検索してみると・・・。

ががばば検索

ががばば検索結果

このような見慣れない確認画面が表示されました。

「続ける」「やめる」はいいとして、「無音で続ける」ってなんだよ・・・。

もうこの時点で、「あ、音が出るのね」と分かってしまい、同時に「やっぱ演出か」と、呪いではないことが決定的になってしまったのが若干残念?いや安心?どっちだろう?

とは言うものの、職場の昼休みに閲覧していて急に音が出てしまうのも困るので、この確認画面は必要そうです。


もちろん、呪いでないことが確定的になったので勇者は「続ける」を押します。

すると・・・。

!!!?

検索キーワード入力欄に「ががばば」と打ったはずの文字が1文字ずつ消されていき、「に」「げ」「て」「に」「げ」「て」と一文字ずつ表示されていきます

ががばば逃げて!

ががばば逃げて!

※余談ですが、後から調べたところ、「たすけて」と出るパターンもあるようです。

そして、そのまましばらく待っていると、ドンッという音と共に!

ががばば

ががばば


画面の向こうから人が~~~~!

何度も画面を突き破ろうと、叩いてきます。

これって貞子のパターンじゃん!

この後、画面から抜け出してくるってやつだろう。

演出だとは思いつつも、2%くらいは、本当に抜け出してきたら、どうやって逃げようかな?と思い始めます。

なかなか、凝った演出です。

そして、その後、検索結果は「世にも奇妙な物語」の紹介へと移っていきました。

そう、この一連の演出はすべて「世にも奇妙な物語25周年」のCMだったのです。

おそらく、2015年11月28日の番組終了後にこの機能は停止されるのかも知れません。

スターウォーズの日のときといい、Yahoo!はなかなか凝ったことをしますね。

分かっちゃいたけど、やっぱり「絶対に検索してはいけない」というのは、「むしろ検索して頂きたい」という意味だったのですね。

分かっていても検索してしまう・・・、これが新しい高度な宣伝の方法なのかも知れませんね。

さて、ところで、当サイトはバイナリーオプションの企業を紹介しようというサイトです。(笑)


でも、以下のページは絶対に開いてはいけません!もし、ページと同時に奇妙な扉を開いてしまったら・・・。

【ジェットオプション】
現時点でおそらく最強ペイアウト率を誇る海外企業。
過去には、ハイローなのにペイアウト率3.0倍まで実現したことがある。
日頃から、ペイアウト率2.17倍程度まで存在するほどの強烈さで人気が集中。

【ハイローオーストラリア(HighlowAustralia)】
ペイアウト率2.0倍のスプレッドハイローを提供する企業の中でもっとも実績のある企業。
5,000円からの入金が可能で、初回取引額はキャッシュバックされるため(最大5,000円)、
5,000円入金して5,000円取引してしまえば、実質リスクフリー取引となる。

【ソニックオプション(SonicOption)】
ボーナストラブルゼロ宣言をし、6項目すべてで満足度85%を超えた企業。
すべての通貨ペア・時間帯で同じペイアウト率を維持していることが非常に大きく、これによって期待値の計算が容易になる。
数学的に勝ちたいのなら適した企業。

 


万が一、上記のページを開いてしまった場合、
利益や資産が増えてしまったり、人生を変えるキッカケになってしまっても責任は負いかねます。

※一応、真面目に書くと、損失が発生することももちろんあります。投資は常に自己責任でお願いします。上のリンクには、2015年11月時点で、近頃人気のある企業を並べてみました。