海外企業・国内企業は別物に近い?

国内バイナリーオプション例

国内バイナリーオプション例

バイナリーオプションを始めるには、バイナリーオプションの業者に口座を開設しなければなりません。
業者を選ぶ必要があるわけですが、その前に、海外企業と国内企業のどちらにするかを選択した方が良いでしょう。
バイナリーオプションにおいては、海外企業と国内企業で大きな差があります。

海外企業・国内企業のメリットのページでは、それぞれのメリットをまとめています。
必ず1度は読んで、それぞれのメリットを知っておくことをお薦めします。

また、海外企業・国内企業の注意点のページでは、誤解しがちな点についてまとめています。
事前に読んでおくことにより、トラブル・後悔・嫌な気分を回避しやすくなるかと思います。

いずれにせよ、海外企業と国内企業は別物かと思うほどに質が異なるということを知っておいてください。

 

文化や常識感の差に注意が必要

海外バイナリーオプション例

海外バイナリーオプション例

なぜ、海外と国内でまるっきり違うのかというと、文化や常識感の違いもあると思います。
日本で常識だと感じることが、海外では大きな疑問に感じられたり、逆に海外で当たり前に行っていることが日本では非常識に感じられたりするからです。

なかには、よく調べもせずに海外企業=詐欺と決め付けるトレーダーもいます。
実際に詐欺業者もあるかも知れませんが、多くの業者はまともに営業していると私は思っています。
ただ、その広告の出し方や、案内の仕方が日本の常識感から離れているためにそう感じられる部分があるのだと思います。

このあたりは、事前に良く知っていさえすれば解決出来るケースがほとんどではないでしょうか。
最初からダメと決め付けて可能性を狭くしてしまうよりは、よく知った上で自分にあった方を選択する方が良いのではないでしょうか。

それぞれにメリットがありますので、まずは知ることから始めてみましょう。

 

自分に適した選択を。

海外企業、国内企業、どちらかが正しくてどちらかが間違ってるというものではないと思います。
私個人の好みは海外企業ですが、その理由もあとから記述していきます。

ですが、国内企業には国内企業の魅力があります。
どちらが良いかは個人によって異なります。

「どういう人にどっちが適しているの?」
という疑問もあることでしょうが、まずはこの先を読んでみてください。
そのうえで、自分が「こっちがいい」と思った方を選べば良いだけです。

出来るだけ、客観的に公平に書いていきたいと思います。