海外企業の注意点

海外企業を選択する場合は、以下の点にご注意ください。

・出金条件に注意!

 ボーナスを付加して貰うと、出金条件が発生するのが普通です。
 例えば、ボーナス額の30倍の取引量を達成するまで出金が出来ない、といったような条件です。
 しかも、ほとんどの企業がこの出金条件を、広告の分かりやすい位置には書いていません。
 利用規約の後ろの方に書かれていたりする程度なので、ボーナスに惹かれて海外バイナリーオプションに挑戦してみた人が、あとからこのことを知ってトラブルになるというケースが多いです。

利用規約をボーナスで検索

利用規約をボーナスで検索

 日本の常識感からすると、なんて悪質な!と感じてしまうのですが、
 「あとから不満を感じさせそうなものは事前に大きく告知する」のが日本企業の常識、
 「売り上げの不利になりそうなものは控えめに案内する」のが海外企業の常識なのかも知れません。

 正直、この点について私は好きではありませんが、しかし、事前によく理解してさえいればあまり問題ではありません。
 海外企業ランキングの下位ページには、各社の情報を出来るだけ公平さを心がけて記述しています。

 他サイトでは省略しがちな出金条件についてもなるべく詳細を記述していますので参考にしてください。

 

・出金条件達成前に出金しようとするとどうなるか。

 出金条件を達成する前に出金したくなったらどうなるでしょうか。
 ほとんどの企業は、以下のようになります。(一部ルールが異なる企業もあるかも知れません。)
 (1)利益が出ている場合は、利益とボーナス分は無効。自分の入金した額しか出金出来ない。
 (2)損失が出ている場合は、自分の入金額-損失額分だけ出金出来る。

 ですので、達成できない出金条件になりそうなら、始めからボーナスを貰わない方がいいです。
 口座開設時にボーナスを拒否したり、少なめにしてもらうことが出来るので調整しましょう。

 

・ボーナスの拒否や調整はどのタイミングで行う?

 

ボーナスプレゼントキャンペーン例

ボーナスプレゼントキャンペーン例

例えば、「入金額50%のボーナスプレゼント!」という場合、ほぼすべての企業で50%以下の好きな値を指定出来ます。
 もちろん、「ボーナスいりません!」という選択も可能です。
 ご自分のトレード量と、各企業の出金条件をチェックした上で、十分に達成可能なボーナスにして貰いましょう。
 調整のタイミングは、口座開設・入金の後、必ず初回取引を行うより前に連絡する必要があります。
 初回取引を行った後だと、まず変更してくれないと考えて良いです。

 不安に感じる場合は、口座開設だけして、入金前に連絡して確かめておいても良いでしょう。
 連絡方法は各社のメールアドレスにメール連絡でOKです。
 当サイトで紹介している企業はどこも日本語で大丈夫です。

 当サイト・海外企業ランキングの下位ページには、
 各社のボーナス額・出金条件・連絡用メールアドレスも記載していますので、参考にしてください。

 

・出金時の本人確認・出金方法

 日本企業だと、口座開設のときに本人確認書類を送付する必要があり、取引が出来るようになるまで少し時間がかかります。
 一方、海外企業はメールアドレスや名前を登録するだけで口座開設が出来て、入金もクレジットカードならほぼ即入金です。
 ですが、この簡単さの裏には、出金時の手間が隠れています。

 利益が出ている状態の出金には、本人確認書類の送付が必要となります。
 オプションビット(OptionBit) のように入金直後に本人書類を送付させる企業も稀にあります。
 これは、手間に感じるかも知れませんがむしろ良心的なのかも知れません。

 (企業によって)クレジットカードや海外送金でも出金出来ますが、
 クレジットカードでは自分が入金した額までしか出金出来なかったり(残り額は別手段になる)、
 海外送金では5~12営業日もかかったり、あるいは振り込んでもらう銀行が海外送金手数料の必要な銀行であれば手数料が高くつくこともあります。

 

ネッテラーイメージ

ネッテラーイメージ

海外企業で取引するなら、ネッテラーの使用をお薦めします。
 ネッテラーは、入金も簡単、出金も簡単、手数料も少なく、トラブルも少ないです。
 ネッテラーでの入出金が可能な海外企業は、信頼出来るという判断基準を持つ人も多いです。

 ネッテラーについては、よそ様のページですが、ネッテラー(Neteller)日本語ガイドが分かりやすくお薦めです。

 当サイト・海外企業ランキングの下位ページには、ネッテラーが利用可能かについても記述してあります。

 

・海外企業お薦めの理由

 海外企業でのトラブルは、ほとんど上記にあげたものです。
 なんでそういう広告の仕方するか?と思う部分もありますが、知ってさえいれば問題ではなさそうです。
 良く理解していれば、国内企業にはないメリットもたくさんありますので、個人的に海外企業がお薦めです。

 ただし、上記以外のトラブルはあまり聞かないとは言うものの、サービスの質、気配りといった点では、やはり国内企業には及ばないと思います。
 私としては、思ったより親切に丁寧に対応してくれると感じますが、その基準は主観によると思いますので、やはり不安に感じるという方は、あえて無理せず国内企業を選択した方が良いでしょう。

・トラブルの少ない海外企業

 ボーナストラブルが少ない海外企業としては、以下のような企業があります。
 ・SonicOption(ソニックオプション)

  一般的な海外企業では、出金条件を達成する前に出金しようとすると入金額しか出金出来ません。
  「利益はボーナスを使って得た利益だから」という理由で、ボーナスも利益も没収されるのです。
  ところが、この企業は、受け取ったボーナスを取引に使用することが出来ません。
  出金条件達成後に出金が可能なのみです。
  そのため、出金条件を達成していなくても、入金額+利益の出金が可能です。
  (ただし、入金額分の取引量は達成している必要があります。)
  「利益が出金出来ないなんて!」というトラブルを無くすために工夫されたルールです。

 ・ハイローオーストラリア(HighlowAustralia)

  この企業は、そもそもボーナスがありません。
  初回取引額に対してのキャッシュバックだけありますが、ボーナスがないので出金条件がありません。
  ややこしいルールを持ち込まないことで、誤解を少なくすることに成功しています。

 

国内企業の注意点

一応、この欄を用意はしたものの、国内企業の注意点は今のところ特にありません。
ご存知のように日本国内企業はどこも、誤解しがちな事項は事前に大きめに告知してくれます。
それをしなかったらすぐに評判が落ちてしまいます。
ろくに説明も読まずに口座開設するとか、よほど細かいことが気になるとかでしたら分かりませんが、国内企業の注意点としてあげるほどではないでしょう。

それこそが国内企業の最大のメリットですので、安心第一の方は国内企業を選ぶと良いのではないでしょうか。

 

海外企業・国内企業のメリデメまとめ

ここまで海外企業・国内企業のメリット、注意点を記してきました。
最後に重要なポイントだけに絞って、まとめてみましょう。

海外企業国内企業
メリットデメリットメリットデメリット
1分、5分といった
短時間取引が可能。
出金条件があり、
分かりにくい。
(当サイトには記載)
とにかく安心、信頼
できる。
取引時間が最低でも
2時間以上。
基本、英語の心配は
不要。
利益出金時に
本人確認が必要。
出金も楽々。口座開設時に本人確認
が必要で時間がかかる。
すぐ口座開設できる。出金に時間や手間が
かかる。
(ネッテラーなら楽。)
多額のボーナスを貰
えるキャンペーンなど
が多い。
予測ツール、ペイア
ウト率2.0倍など、
魅力のあるサービス
が色々ある。